捕食

ツミの♀は抱卵に入ったようで姿をほとんど見せなくなりました。この時期は餌渡しの時位しか、番を確認する機会がありません。ただ、その場所と時間帯などはまだ掴めていないので、ひたすら待つのみです。そうしているうちに目の前を勢いよく飛ぶ鳥の姿が見えました。小鳥を捕らえたツミの♂でした。一瞬の出来事でしたが、間近で見たのは初めてです。その姿は凛としており猛禽のオーラを放っていました。ここがツミに惹かれる所以です。撮影条件は厳しかったですが、その場の雰囲気が伝わると嬉しいです。
d0082946_19403896.jpg

d0082946_19434235.jpg

ED81S-GH1(直焦点)、マルチ測光、ISO320、1/40秒、0.6EV、(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2010-05-13 19:48 | 野鳥写真 | Comments(4)
Commented by ポンスケ at 2010-05-14 18:05 x
ikuさん、ご無沙汰しております。
相変わらず素晴らしい画ですね。
いろいろと試した結果、やはりG1とVA3の組み合わせに落ち着きました。倒立画像にも慣れてきたところです。
ikuさんの撮影機材を拝見しましたが、イマイチ、システム構成が判りませんでした。よろしければ教えて頂けますでしょうか。
宜しくお願いいたします。
Commented by いく at 2010-05-14 19:26 x
ポンスケさん、こんばんは。
システムが構築されて良かったですね。後は多く撮影することにより機材の扱いが体に馴染んでくることと思います。
ぼくのシステム構成は、接眼側からボーグ7901-7502(7604)-7508(7602)-5005-EOS-G1用マウントアダプタ→http://blog.monouri.net/archives/cat_50027837.htmlとなっています。延長筒は無くても良いのですが、ドロチューブを余り伸ばしたくないので使用しています。参考になりましたでしょうか(^ ^)
Commented by ポンスケ at 2010-05-15 15:40 x
いくさん、こんにちは。
早速ご返答頂きまして、誠にありがとうございます。
7602の後にKOWA-VA3を足したのが今の仕様です。AFはバッチリなのですが、長い&重いのが欠点です。じっと待つ分には問題ありませんが、あちこち移動はできません。
また、飛び物には向きませんが、飛び出す瞬間物には何とか使えています。
野鳥を撮り始めてから友達曰く、「鳥撮りの時は性格が180度変わる奴。」と言われています。今でも七不思議の一つらしいです。


Commented by いく at 2010-05-15 17:13 x
ポンスケさん、こんにちは。
ぼくの機材も重いので余り動き回ることはしません。待つことは苦にならないのは性格によるかもしれませんね?上記の訂正です。7502ではなくミニドロチューブN(7202)をカメラ回転用に入れてありました;^_^A
<< 月と金星 ホオジロ >>