夜鳥写真1

以前アオサギの夜間撮影をしましたが、今回はアオバズクで再挑戦してみました。夜行性の鳥なので昼の雰囲気と違い、とても活動的です。常に体を動かしているし、餌捕りで飛び回っています。撮影の難易度はかなり高いです。スコープでは不可能なので望遠レンズを使用しました。ほぼ毎日通いましたが、予想通りの難しさ。システムの限界を感じましたが、技術面では得るものがありました。ポイントはピント合わせとシャッタースピードですね。ピントは露出補正を最大にするか感度をアップすれば何とか確認できます。撮影時は逆に露出補正を最小にして、現像時に調整します。シャッタースピードはできるだけ早くしたいのですが、GH1ではISO800が限界の為、かなり厳しいです。この点はCCDの大きさ、レンズの明るさで決まってきますね。デジ眼でガンガン撮影されている方が羨ましかったです…。それでも撮影自体は楽しかったので暫く続けてみます。
d0082946_1045331.jpg

d0082946_10453562.jpg

Sigma APO TELE MACRO 300mm F4-GH1、マルチ測光、ISO640、1/5秒、-2.6EV、(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2010-07-17 10:52 | 野鳥写真 | Comments(4)
Commented by kokoton at 2010-07-17 21:12 x
いい気配ですねぇ。私も夜鳥撮影して見たくなりました。^^;
蒼暗く沈んだトーンがなんとも言えない味を出していますね。
Commented by いく at 2010-07-17 23:47 x
kokotonさん、こんばんは。
夜間写真は独特の雰囲気が漂いますね。月と一緒に撮れればと目論んでいるのですが、思うようにいきません。いつかは実現したいです(^ ^)
Commented by 探険隊隊長 at 2010-07-21 12:53 x
いくさん、こんにちは。
鳥自体が動いているときはSS1/5秒だとぶれますよね。逆に鳥がじっとしているときはSS1秒でもぶれずに撮れますね。鳥がじっとしてるかどうかが鍵だからISO感度は200でもいい気がします。

普通の一眼の人たちのシャッター音気になりましたか?
シャッター音だけ聞いてると連写でバリバリ撮れてるように感じますが、実際には1/20秒とか1/30秒とかのシャッタースピードしかでてないはずです。そして、これぐらいのシャッタースピードが一番ミラーショックの影響がピークになるので撮れた写真は絶対にいくさんの写真の方が綺麗だと思いますよ。きっちりミラーアップして撮ってる人は別ですが、そういう人のカメラからはバリバリ連写音聞こえてきません。
Commented by いく at 2010-07-21 23:03 x
探険隊隊長さん、こんばんは。
今回は19h10m以降の撮影で、雛の為の餌捕りで動き出す時間帯でした。この枝にとまっては巣に飛んでいきました。GH1がもう少し高感度に強ければと感じました。GH2はどうなんでしょう?
一眼はやはりミラーショックが大きいのですね。カメラそれぞれの特徴があるので上手く付き合うことが大切ですね。雛が巣立つまで色々試してみます。
<< 夜鳥写真2 セッカ >>