Steve Reich:Double Sextet / 2x5

 Steve Reichの新譜が届きました。「ダブル・セクステット」は,2009年度ピューリッツァー賞音楽部門での受賞作。「2X5」は,エレキギター2本,エレキベース1本,ドラムス1台,ピアノ1台の合計5つの楽器が2セットということに由来。2009年にイギリスのマンチェスター・インターナショナル・フェスティバル(MIF)で,ライヒとBang On A Can (BOAC) によって初演されました。アコースティック楽器と電気楽器による演奏はどのようなものか興味深いです。
 本作は全6曲40分程ですので、通して聴いてみました。というより自然に聴き終えました。ミニマルミュージックは好き嫌いがハッキリする傾向がありますが、本作は聴きやすい印象を受けます。「ダブル・セクステット」は管弦楽器のうねりにはまりそうです。「2X5」は一瞬キングクリムゾンが頭をよぎりました(全く違うと言われそうですが…)。聴く度に新たな仕掛けを見つける楽しみがありそうです。
 実はこの新譜には特典があります。Steve Reich直筆サインの楽譜がついています。歌詞カードのようなものを考えていたのですが、送られてきたものはA4のしっかりした用紙の楽譜でした!外国レーベルのやることは違いますね。限定250枚なので、入手できたのは本当にラッキーでした。ただあるはずのMP3音源は付属していませんでした。この点も外国ならでは?ですね(^_^;)

d0082946_212425.jpg

d0082946_2125244.jpg

[PR]
by iku2006 | 2010-09-19 21:15 | その他 | Comments(0)
<< 別れ 撮影システム >>