すべて想定されていた

 毎日新聞の“発信箱”に石橋克彦氏の論文が紹介されていました。是非読んでいただきたい内容です。政府はこの危機を何としても乗り切り、新たな視点で国を守ってほしいと思います。
[PR]
by iku2006 | 2011-03-29 19:55 | その他 | Comments(6)
Commented by 探険隊隊長 at 2011-03-30 15:59 x
いくさん、ありがとう。
ご紹介いただいたページに掲載の論文、全部読みました。1997年掲載の論文は特に身につまされます。今正に起こっていること、それらに対する的確な警鐘。
私もできるだけ多くの方に読んでほしいと思いました。プリントアウトものをまず自分の子供に読んでもらいます。私のブログでも紹介したいと思います。
Commented by いく at 2011-03-31 16:41 x
探険隊隊長さん、こんにちは。
 石橋克彦氏の論文を読み、改めて六ヶ所村の問題を含め、今まで以上に原発問題を真剣に考える時期と思います。
 石橋氏の論文の他に、原発の現場で働いていた平井憲夫さんの文章も多くの方に読んでいただきたいです。↓
http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html#about
 それにしても専門家達の“放射性物質は拡散するから体に影響はない”とのコメントは何なのでしょう。地球上の放射性物質は確実に増え続け、世界的問題になっている現状をどう考えているのでしょう。
Commented by ポンスケ at 2011-04-01 08:13 x
いくさん、おはようございます。
私は石化資源の大量の消費が及ぼす地球温暖化などの諸所のこれからの影響を考えると、必ずしも原発は必要ないとは思いません。
震災、特に今回の原発の影響を多大に受けている方たちには不謹慎の様に受け止められれる方もいらっしゃると思いますが。
様は、いかに先々の事やあらゆる事に対しての対応策、立地条件、緊急時の迅速な対応が取れるかということだと思います。
平等云々の為に何事も横割りにし、一本の筋道を立てていなかった事が今回、またはこれから起こりうるかも知れない未知の出来事に対応できなかったのが原因と思っています。
一言で言えば、事なかれ主義の日本人の悪い習慣のつけだとおもいます。
Commented by いく at 2011-04-01 20:21 x
ポンスケさん、こんばんは。
 化石燃料はあと50年あるいは100年以内に枯渇すると言われていますね。地球温暖化を含め、新たなエネルギー資源を考える必要があります。その一つが原子力と思います。ただ、廃棄物の処理技術が確立されていない現状では、日本のような地震大国では危険と感じます。緊急時の対応を含め、今後も研究する必要があるでしょう。今回の事故をきっかけに原子力を含め、今後のエネルギーについて検討する必要があるでしょう。時間はかかるでしょうが、クリーンなエネルギー開発を進めてほしいです。
Commented by 漂鳥 at 2011-04-05 19:57 x
いくさん、こんばんは。
今の段階でこの論文は、原発のあり方を考える上でとても有効で意味深いものだと私も思いました。
心情のみでその是非を捉えるのでがなく、科学的な根拠をもって考えることが大切ですよね。
多くの方に読んでもらいらいので、隊長さんに追随して私もブログで今日・明日にでも紹介させていただこうと思います。
宜しくお願いします。
Commented by いく at 2011-04-06 19:30 x
漂鳥さん、こんばんは。
石橋克彦の原発震災が現実のものとなった今、その恐ろしさに重い気持ちになります。国民を守るには、方向性は一つしか考えられません。今こそ、原子力発電を見なおす時期であり、日本の未来にかかわる重要な分岐点と思います。是非多くの方に読んでいただきたい論文です。こちらこそ、よろしくお願いします。
<< 在庫より 旅立ち >>