夜鳥写真

この時季になるとアオバズクの夜間撮影をおこなっています。雛への餌やりが始まる前にとまる枝が絞られてくるからです。ただし、19H近くにならないと動き始めないし、とまる場所は暗いため撮影はかなり難しいです。ピント合わせは露出補正を多くかけた状態で確認し、その後は双眼鏡を覗きながら動きが少なくなった瞬間にシャッターを切ります。2枚目は小雨振る中での撮影です。現システムではこの位が限界でしょう。カメラ本体ではOLYMPUS PENの新製品が気になります。性能次第では来年システム変更するかもしれません。
d0082946_17541225.jpg

d0082946_17543016.jpg

Sigma APO TELE MACRO 300mm F4 HSM -ISO1000-GH1(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2011-07-31 17:56 | 野鳥写真 | Comments(0)
<< 夜鳥写真2 静けさ >>