金星の日面通過(1)

 前日の天気予報で相模原市では観測が困難と判断し、遠征を決めました。朝3時過ぎに出発、新東名のSA・PAを候補地とし空模様を見ながら西へ向かいました。ところが、かなり走っても空は厚い雲に覆われたまま。名古屋までは考えていなかったので、設置時間を考え、掛川か遠州森町に候補を絞りました。前者は東方面の雲が厚い為諦め、後者まで行くことにしました。現地についた途端、ヒバリとセッカの声が聞こえてきたのには驚きました。雰囲気も良く、観測地としては最高の場所でした。望遠鏡をセットし後は、雲が切れるのを待つのみです。幸い第2接触付近で少し雲が切れ始めてきました。今回はこの時の写真と現地の様子を紹介します。
d0082946_2239167.jpg

d0082946_22391527.jpg

ED81S-G1(直焦点)、DHG ND-100000、マルチ測光、ISO200、トリミング(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2012-06-08 22:10 | 天体写真 | Comments(0)
<< 金星の日面通過(2) ツミ(♂) >>