ツミ

鷹の渡りもそろそろ見納めでしょうか。鷹というとぼくにとってはツミが一番身近な存在です。3年前に初めて見た時の緊張感は今でもはっきり記憶しています。小型ですが、独特のオーラを放ち釘付けになりました。それ以来毎年会うことができていますが、最近は営巣放棄が続き残念な思いをしています。今季印象に残ったカットを紹介します。カメラをA610に換えたばかりの時の写真です。調整不足の為収差が目立ちますが、ツミの凛々しさが表現できたと思います。
1枚目:Vixen FL70S-Vixen PL32-Canon PowerShot A610、中央重点平均測光,1/20秒,+0.3EV、2枚目:1/10秒,-0.3EV、(クリックで大きくなります)
d0082946_2049614.jpg

d0082946_20493575.jpg

[PR]
by iku2006 | 2006-10-14 20:52 | 野鳥写真 | Comments(2)
Commented by kokoton at 2006-10-18 18:12 x
こんにちは、いくさん。つみ、と言えばやっぱりいくさんですね!
♂成鳥のこの迫力とリアル感はいくさんならではの表現ですね。私は初めて今年見ることができました。巣立ちの雛たちも見ることができて嬉しい夏でした。でも、いくさんの様に迫力のある絵は・・・・・^^;
Commented by いく at 2006-10-18 22:09 x
kokotonさん、こんばんは。ツミって不思議な魅力があります。この子とは偶然会いました。若い成鳥でしたが、健気な姿が印象に残っています。来年も会えると良いのですが。話は変わりますが、近々新機材を導入するつもりです。内容はまだ内緒ですが…(^ ^)
<< 光の中で ササゴイ(幼鳥) >>