岩どまり

ルリ狙いでいつもの公園に出かけました。ポイントに着き、暫くすると地鳴きが聞こえてきました。ただ灌木の中や周囲で動き回り、なかなか姿を見せてくれません。観察していると灌木の裏にある小さな岩にとまることが何度かありました。そこでカメラを移動し、三脚の高さを一番低くして置きピンで待つ事にしました。このような場面ではA610のバリアングル液晶が役立ちます。ルリ君はとまってもジッとしていないので何度かピントを微調整し今回の画を撮る事ができました。屈んでいる時間が長かったので腰が…(^_^;)
William Optics Zenithstar 70ED-Altima30-Canon PowerShotA610、評価測光、1/40秒、-1.0EV(クリックで大きくなります)
d0082946_19413340.jpg

[PR]
by iku2006 | 2009-02-28 19:45 | 野鳥写真 | Comments(3)
Commented by freeman at 2009-02-28 19:58 x
こんばんは。
いい子がいましたね~♪
このカットにたどり着くまでの時間と工夫、そのすべてが報われたことでしょう。わんだふる(@^_^)ゞ
Commented by 漂鳥 at 2009-02-28 21:13 x
こんばんは。久々にコメントします。
William Optics Zenithstar 70ED-Altima30-Canon PowerShotA610の組み合わせは完全に自分のものにされて、どの写真も素晴らしいですね。
正直、最初の内は前のシステムの解像感がかなり勝ってるとの印象でしたが、最近の画像はまったく遜色ないですね。
ルリくんもそうですが、シロハラ・アオジなどの画質は秀逸です。

ああ、私もそろそろ次のシステムが欲しくなってきました。

Commented by いく at 2009-02-28 22:02 x
freemanさん、こんばんは。
お褒め頂き恐縮です。出は今一つだったのですが、粘った甲斐がありました。
かなり疲労感があります…(^_^;)

漂鳥さん、こんばんは。
70EDは単独で見る分には不満はありません。
ご指摘の通り、FL70Sとの比較では明らかに分が悪いです。
以前画質はFL70Sの90%と書きましたが、そこまではいかないですね。
ただ操作性・画質のバランスがとれた良いスコープはという点は確かです。
次候補のデジカメを入手したらFL70Sと併用するつもりです(^ ^)
<< コゲラ 縄張り >>