ツミ(♀)

ツミはカワセミ同様、野鳥撮影の原点です。初めて遭遇した時に感じた独特のオーラは今でも鮮明に残っています。運良く毎年会う事ができていますが、ポイントが固定していない為この時期になると何カ所か回る事になります。先週番で居るのを確認できました。営巣放棄が心配なので距離をとり、双眼鏡による観察を中心にしました。♂は樹上で烏が近づくと威嚇し、♀は落ち着きが無く、敷地内を飛び回っていました。交尾も確認できました。たまたま近くにとまってくれたので撮影する事ができましたが、撮影は短時間で済ませ、直ぐに現地を後にしました。今年も巣立ちまで立ち会いたいです…。
VixenFL70S-Altima30-Canon PowerShotA610、評価測光、1/640秒、-0.6EV(クリックで大きくなります)
d0082946_193087.jpg

[PR]
by iku2006 | 2009-04-11 19:10 | 野鳥写真 | Comments(2)
Commented by 漂鳥 at 2009-04-11 23:38 x
こんばんは。
今年もペアで来てくれたんですね。雌のこの凛々しい表情は私たちのハートをぐっと鷲づかみ、ですね。
>撮影は短時間で済ませ、すぐに現地を後にしました。
 う~ん、さすがはいくさん、その観察態度は実に立派です。私なぞどうしてもいいショットが撮りたいあまり、ついつい長居してしまいますが、やはりストレス与えてるんだろうなあ。
見習いたいと思います。ただ、昨年はMFで営巣せず、今年もいまのところ声は聞こえてきません。1時間と少し車を走らせればいるのですが、それじゃあ観察にもならないし、今年はどうしようかと悩んでいます。
Commented by いく at 2009-04-12 19:24 x
漂鳥さん、こんばんは。
今季も会う事ができホッとしています。ツミは過去に人為的原因で営巣放棄してしまった事があります。何を撮影しているか興味を持った方が配慮無しに巣に近付く可能性もあります。まだ巣作りは始めていないようなので落ち着くまでは結構気を遣いますね。暫くは観察中心になりそうです。漂鳥さんの1時間はきついですね。ぼくの方は30分以内なので継続観察がしやすいんです。今年も幼鳥の可愛い姿を見たいです(^ ^)
<< 佇 ルリ君 >>