<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

旅立ち

今朝ノビポイントへ行ったのですが、姿を見ることができませんでした。ここ2,3日で抜けたようです。草花も枯れ始め秋の終わりを感じます。ノビタキ達が無事故郷に帰ることを願っています。先日撮ったものの一部を紹介します。
d0082946_1924838.jpg

FL70S-GH1(直焦点)、マルチ測光、ISO320、1/25秒、-0.3EV、ノートリ(クリックで大きくなります)
d0082946_1934924.jpg

ISO200、1/50秒、-0.3EV、ノートリ(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2009-10-31 19:07 | 野鳥写真 | Comments(4)

秋ノビ

 先日のノビポイントに行ってみました。田んぼにあった“はせがけ”がほとんどなくなり、小鳥の姿も減っていました。先日数羽いたノビちゃんも見当たりません。旅立ったのかと諦めかけたところ、遠くに茶色い小鳥の姿が…。双眼鏡で確認するとノビちゃんでした(^ ^)
 今回はレリーズを車に忘れたり、メモリーを認識しないなどのアクシデントはありましたが、前回より歩留まりは良くなりました。三脚を一段低くし、椅子に座って撮影したのが良かったのかもしれません。短時間でしたが、可愛い姿を満喫できました。来週は会えないかもしれないので明朝も行ってみるつもりです。
FL70S-GH1(直焦点)、マルチ測光、ISO125、1/80秒、0EV、ノートリ(クリックで大きくなります)
d0082946_20384363.jpg

d0082946_20391676.jpg

[PR]
by iku2006 | 2009-10-24 20:40 | 野鳥写真 | Comments(0)

ノビタキ

 午後時間ができたのでノビタキポイントへ行ってみました。一週間前に寄った時は、鳥追いの発砲で小鳥の姿を全く見ることができませんでした。今回は現地に着くと小鳥の鳴き声が聞こえてきたのでホッとしました。数名のカメラマンの姿が見えたので行ってみると知り合いの方々でした。風が強い為か出は今一つとのこと。暫く待つとノビちゃんが飛んできました。花どまりを期待したのですが、今回は枝被りがあったりとうまく撮ることができませんでした。それでも可愛い姿を見ることができただけでも嬉しかったです。
 新システムにも徐々に慣れてきました。日中でもEVFによりピント確認がし易くなりました。ただし、前回書いたようにピント調整は難しい面があります。画質に関してはコリメート方式で気になる背景の流れ(収差)がなく、ボケが綺麗です。この点は最大のメリットかもしれません。背景・鳥の大きさを含めイメージした画に近づけることができそうです(^ ^)
FL70S-GH1(直焦点)、マルチ測光、ISO100、ノートリ(クリックで大きくなります)
d0082946_2125031.jpg

d0082946_21255774.jpg

[PR]
by iku2006 | 2009-10-19 21:30 | 野鳥写真 | Comments(2)

モズの高鳴き

木の葉が色づき始める頃になると「キィーキィーキチキチキチ」とモズの甲高い鳴き声が聞こえてきます。小さな体で必死に縄張りを主張する姿は生命力に溢れています。モズは個人的に好きな鳥さんで、可愛さの中にも猛禽ならではの鋭さを感じます。40m程離れたところにある柿の木に何度かとまったのを見かけたので、狙ってみることにしました。いざ撮とうとすると来ないものですね。結局3日通いやっとゲットできました。この時はヒヨドリが先にとまっていたのですが、モズが追い払う形になりました。実のあるところにとまってくれたのでラッキーでした(^ ^)直前のヒヨちゃんの写真も載せておきます。
FL70S-GH1(直焦点)、マルチ測光、ISO100、1/80秒、-1.0EV(クリックで大きくなります)
d0082946_10261869.jpg

d0082946_19324751.jpg

d0082946_193446.jpg

[PR]
by iku2006 | 2009-10-16 18:46 | 野鳥写真 | Comments(0)

試写2

今回のシステムは余分な光学系がない為、対物レンズの性能がストレートに出ます。FLのシャープで深みのある色合いが期待できます。前回はカメラの設定で色調をネイチャーとしましたが、コントラスト・彩度がやや高めだったのでそれぞれの値を-1としました(スムーズも試しましたが、ややフラットすぎる印象でした)。この点は色々試してみる必要がありそうです。今回は乗馬クラブの馬場にいたハクセイキレイを撮影しました。動きが早い為、シャッターは手押し、ピントはヘリコイドは使用せず鏡筒の出し入れで合わせました。ビューファインダーの見やすさがなければできない方法です。いずれにしてもピント合わせはかなりシビアです。目に合わせても相手が少しでも動くと当然ですが、ピンが甘くなります。ピントを微調整しながら撮るしかないでしょう。ヘリコイドの動きが渋いのが難点です。この点が一つの課題です。
FL70S-GH1(直焦点)、マルチ測光、ISO100、1/400秒、-1.0EV(クリックで大きくなります)
d0082946_1818199.jpg

[PR]
by iku2006 | 2009-10-11 18:24 | 撮影機材 | Comments(4)

試写

 GH1を導入して2日目です。機能をまだ十分把握していない為、WB・感度・画面(グリッド・ヒストグラム表示)・カスタムモード等の基本事項のみ設定し、撮影に臨みました。直焦点撮影の為、ピント合わせはマニュアルになります。ここで便利なのがMFアシスト(5倍/10倍拡大)です。フォーカスエリア内を拡大する為、正確なピントを得ることができます。5倍を使用しましたが、FL70Sでは換算fが5000mm超になり、やや過剰倍率気味でした。できれば2倍も欲しいところです。とはいえ、144万ドットの液晶ビューファインダーはとても見やすく、LCDでは味わえない魅力があります。
 今回はモズを撮影しました。梅の枝先にとまっているので常に揺れており、ピント合わせには苦労しました。動きの少ない対象では更に追い込めるでしょう。画はコントラスト・色乗りがやや強い印象です。もう少しフラットにしたいですね。画質自体は過去最高と言って良いでしょう。今までは芯のある画という表現をしていましたが、GHIの創り出す画はソリッドいう印象です。久しぶりに撮っていてワクワクしました(^ ^)
FL70S-GH1(直焦点)、マルチ測光、ISO100、1/320秒、-1.0EV、ノートリ(クリックで大きくなります)
d0082946_19562238.jpg

[PR]
by iku2006 | 2009-10-05 19:57 | 撮影機材 | Comments(2)

新機材

 久しぶりに機材を変更しました。架台をKDS マウントからKDSマウントIIへ、カメラをA610からDMC-GH1へ変更しました。今まではコンデジでの撮影でしたが、操作性・質感の面でやや不満を感じ始めていました。FL70Sの性能を引きだすには直焦点撮影が一番と以前から考えていましたが、シャッターブレがネックになっていました。
 先日G1・GH1を現地で使用させて頂く機会があり、操作性の良さが気に入りました。シャッターブレは比較的少ないので対策の目処は立ちそうです。早速購入。本日試写の為、いつもの公園に行きました。雨混じりの天気の為、短時間しか滞在できませんでしたが、カワちゃんを数カット撮ることができました。液晶ビューファインダーはとても見やすくピントの山が掴みやすいです。MFアシストを使用すれば更にピントは追い込めるでしょう。画質はA610に比べ奥行き、密度が増した印象です。システム自体もシンプルになり、操作性が向上しました。今後は問題点をクリアしながら新システムを構築していくつもりです。
d0082946_18344326.jpg

FL70S-GH1 body、マルチ測光、ISO160、1/125秒、-1.6EV、ノートリ(クリックで大きくなります)
d0082946_1835837.jpg

[PR]
by iku2006 | 2009-10-03 12:30 | 撮影機材 | Comments(2)