カテゴリ:天体写真( 64 )

月齢1.9の月と地球照

 地球照を撮影するのに適した月齢は新月の2日前後と思います。月齢が進むと光っている部分が滲むため地球照とのバランスが悪くなります。当日は天気も良くゆとりをもって撮れると思っていました。ところが夕方になると西の空に雲が広がる・架台の追尾が不調とアクシデント発生。地球照はワンカットしか撮れませんでした。次回は機材のチェックをしっかりおこない、万全の体制で臨みます。
d0082946_19433149.jpg

d0082946_19434735.jpg

FL70S-Skypod-G5、マルチ測光、ISO400(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2014-01-07 19:46 | 天体写真 | Comments(0)

月齢0.9

 初撮りは月の撮影でした。新月前後の撮影は冬~春が狙い目です。チャンスは年に数える程しかないので、帰宅後すぐに現地に向かいました。薄雲がありましたが、双眼鏡で確認できました。丘陵に沈むまでに撮る必要があります。時間との戦いでしたが、何とか撮影できました。今回の月齢は天体望遠鏡では初めて撮影できたのでとても嬉しかったです。
d0082946_1925121.jpg

d0082946_19253295.jpg

FL70S-G5、マルチ測光、ISO500~800(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2014-01-04 19:26 | 天体写真 | Comments(2)

太陽黒点

 太陽面の活動がまた盛んになってきました。比較的シーイングが安定していたので白斑なども確認することができました。できれば継続観測をしたいところです。
d0082946_23555596.jpg

FL70S-G5(直焦点)、DHG ND-100000、マルチ測光、ISO160、1/2000秒(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2013-12-21 23:50 | 天体写真 | Comments(0)

太陽黒点

黒点群が綺麗に見えています。これだけ多くの黒点が観察できるのは久しぶりです。撮影方法はこちらをご覧ください。
d0082946_1113921.jpg

ED81S-G5(直焦点)、DHG ND-100000、マルチ測光、ISO160、1/3200秒(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2013-11-17 11:11 | 天体写真 | Comments(0)

中秋の名月

 19日は中秋の名月でした。暦の関係で、中秋の名月は必ずしも満月になるとは限らないのですが、今年は満月でした。満月の撮影は月食以来なので2年ぶりとなります。太陽光が正面から当たるためクレーターの観察には適しませんが、明暗部の対比が良くわかり興味深いですね。望遠鏡を通して見なくてもとても綺麗でした(^ ^)
d0082946_20262342.jpg

ED81S-G5、マルチ測光、ISO160(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2013-09-21 20:30 | 天体写真 | Comments(0)

月と木星

 夕暮れの空に細い月と木星が並びました。雲が広がっていましたが、予報では晴れる見込みでしたので現地で待機することにしました。雲は徐々に切れてきましたが、風が強く望遠鏡での撮影は厳しいものがありました。それでも綺麗な光景をじっくり見ることができたので満足です(^ ^)
d0082946_2150523.jpg

d0082946_21512427.jpg

d0082946_21514038.jpg

[PR]
by iku2006 | 2013-05-13 21:52 | 天体写真 | Comments(0)

地球照(月齢2)

 帰宅後直ぐに望遠鏡をセットしました。薄明中でしたが、雲が広がってきたので急いで撮影。今回も天候に阻まれました。地球照の撮影チャンスは月に2日程。条件が揃うのは年に数回でしょう。難しいからこそ狙ってみたくなります。納得できる画をゲットできるのはいつになるのでしょう・・・。挑戦は続きます。
d0082946_1994734.jpg

FL70S-GH1-Skypod、マルチ測光、ISO200(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2013-04-15 19:10 | 天体写真 | Comments(0)

パンスターズ彗星(2)

 月絡みの画は15日が最後のチャンスなので帰宅後直ぐに出かけました。条件は良かったのですが、肝心の彗星が見づらく写真でも拡大しないとわからないほどでした。望遠で撮らないと難しいですね。リベンジに翌日も撮影することにしました。ところが双眼鏡でいくら探しても見つかりません。そこで前日の位置を参考に写した画像から確認することにしました。この方法で直ぐに見つけることはできましたが、カメラの感度を上げることができないので満足する画は撮れませんでした。今後の撮影はかなり厳しそうです。
d0082946_20513198.jpg

GH1-LUMIX G VARIO HD14-140mm/F4.0-F5.8、ISO160(クリックで大きくなります)
d0082946_2053217.jpg

Sigma APO TELE MACRO 300mm F4 HSM -GH1、ISO1000、(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2013-03-18 21:00 | 天体写真 | Comments(0)

パンスターズ彗星

 マイナス等級の大彗星になると予想されたパンスターズ彗星ですが、最大光度の見積もりは当初の予想からはだいぶ暗い2等級へと修正されてしまいました。それでも南半球での画像を見ると期待感が高まります。3月10日の近日点通過から3日連続でチャレンジしました。彗星の高度が低く暗い為、観察には厳しい状況です。3日目も諦めモードでしたが、これで最後と双眼鏡で探すと淡い光の光芒が視野に入ってきました。肉眼では確認できません。再び双眼鏡で探したのですが、見つかりませんでした。そこで望遠レンズを向けると尾を引いた彗星が見えるではないですか!後は夢中でシャッターをきりました。諦めなくて本当に良かったです。
d0082946_1857844.jpg

Sigma APO TELE MACRO 300mm F4 HSM -GH1、ISO500、トリミング(クリックで大きくなります)
[PR]
by iku2006 | 2013-03-13 18:59 | 天体写真 | Comments(2)

宵の三天体

 夕暮れの空に月齢1の月、水星・火星の三天体が並びました。当初は短いレンズで撮影予定でしたが、雲が広がっていた為構図が決められません。そこで月の撮影を第一目標にすることにしました。18h頃になり雲に切れ間ができ月が姿を現しました。稜線に沈むまであと僅か。急いで構図を決め撮影しました。火星と水星も見えてきたので、月が雲に隠れるのを確認後、直ぐに撮影開始。慌しかったですが、何とか記録できホッとしました。
d0082946_18501423.jpg

d0082946_18503221.jpg

Sigma APO TELE MACRO 300mm F4 HSM -GH1
[PR]
by iku2006 | 2013-02-12 18:52 | 天体写真 | Comments(0)